8年ぶりにエスカルゴ料理を堪能

久しぶりに友人達とランチに行きました。
節約主婦にはちょっと高めの2000円~3000円の贅沢フランス料理にドキドキしました。
前菜に出てきたのは、エスカルゴのブルゴーニュ風です。
考えてみるとエスカルゴを食べたのは、8年前阿蘇山近くのペンションでした。
食感は当時のまま、久しぶりでした。
今回はソースがとても美味しく、フランスパンとの相性も抜群でした。
そこで、恥ずかしながら妙な疑問がありました。
食べた高額なエスカルゴと道端にいるカタツムリ・・・同じ味?食べられるのか?と。
後に別のシェフに聞いたところ食用の種類は限られており、その中でも美味なのは、「エスカルゴ・ド・ブルゴーニュ」という種類だそうです。
ただ食用と言っても、生なら下処理から茹でるまで約8日間もかかります。
一方道端のカタツムリさんは、病原体や寄生虫が数多く生息しているため、感染症を引き起こすこともあり、論外だそうです。
値段の秘密は、食材費+シェフの時間と手間の金額=高額、だったのだと一つ大人になれました。
またエスカルゴを食べるためにキャッシング会社から借りようと思います。
専業主婦でも利用できるのが嬉しいですね。
専業主婦でも借りられるカードローン参考サイトはこちらです。